修理実績リアルタイム速報

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法

iPhoneのバッテリーの寿命は2年で、長くても3年です。

せっかく使うのであれば3年持たせたいですよね?

今回はそんな方のために

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法をお教えします!

 

まず一つ目は、過充電や過放電に気を付けることです!

過充電とはiPhoneの電池が満タンになっているにも関わらず、

充電コードを挿したままの状態にしていることです。

夜寝る前にiPhoneを充電される方は多いと思いますが、

これをすると、バッテリーに負担をかけてしまうので、できるだけ避けましょう!

 

過放電とは、電池がなくなる寸前まで使うことです。

20%を切ったら使うのをやめ、充電するのがいいでしょう。

充電中にiPhoneを使うと、端末が熱を帯びて

バッテリーや基盤の視点からみるとよくないので

充電がたまるまで待ってあげましょう。

 

二つ目は、iPhoneの温度に気を付けることです!

iPhoneは熱に弱いため、直射日光が当たる場所や車の中には注意が必要です。

端末が熱くなりすぎると、この画像のような表示が出て

操作ができなくなります。

こうなってしまった場合はドライヤーで冷風を当ててあげて

できるだけ自然に冷やしてあげましょう。

この時注意してほしいのが、冷蔵庫や冷凍庫で

冷やすのは絶対にやめましょう!

iPhoneは極端に冷えた環境にも弱いです。

バッテリーや基盤が故障して

最悪の場合、操作できなくなり

二度と使えなくなってしまう可能性があります。

 

16℃から22℃がiPhoneにとって最適な温度といわれています。

この温度をしっかり守り、大事に使うようにしましょう!

 

バッテリーの寿命が来てしまっても

バッテリーを交換すればまた使えるので心配はいりません!

他に何か気になる事があれば、お気軽にご相談ください!

ホーム

〒813-0016 福岡県福岡市東区香椎浜3-12-1 イオンモール香椎浜 2階

092-410-8178

 

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。