お役立ち情報

★スマホは寒い場所で使える❓

こんにちは!

スマートクールゆめタウン博多店です。

 

皆さんがご存じだと思いますが、パソコンやスマホなどの精密機器は高熱や夏に弱いです。

これはもはや常識ですが、実は寒さにも弱いというウワサがあります。

 

「寒い日は、スマホの電池が早く減る気がする」という声もどんどん出ていますね。

寒い季節に正しいスマホの取扱いについてご紹介します。

 

寒いとバッテリーの減りが早くなる?

Apple社によると、iPhoneが正しく動作するための最適な温度は16~22℃だそうです。

夏の高温時にスマホを使用するとスマホの駆動時間が極端に短くなるといわれていますが、実は低温の環境下においても同じ。

ひどいと急に電源が落ちてしまうこともよくあります。

ただ、高温である状態と比べると、通常の温度に戻ればパフォーマンスも通常時の状態に戻ることがあります。

また、寒い場所に長時間放置すると、液晶パネルがひび割れやすくなったり、寿命が縮みやすくなることもあります。

 

 寒い場所に行くときは?

長時間屋外にいないといけない場合や、寒い地方に出かける場合もありますね!

そんな時は、スマホを人肌程度の温度に安定させるのがポイント。

屋外にいる時は、スマホを手に持ったまま移動するのではなく、

上着のポケットやバッグに入れて、長時間外気にさらすのを避けましょう。

また、エンジンを切った車の中に長時間放置しておくのもNGです。

 

 急激な温度差に注意!

加えて、気をつけたいのが「急激な温度差」

低温がダメだからといって、寒い場所から戻ってきてカイロで温めたり、暖房にかざしたりするのはやめましょう!

内部に水滴がたまり、故障の原因にもなりかねません。

 

手でゆっくり温めるなど、徐々に周りの温度に慣らしていくことをおすすめします。

 

また、うっかりスマホを寒い場所に放置してしまった場合、すぐにスマホの電源を入れたり、充電したりすると、これも故障の原因に。

こんなときも慌てず、周辺温度になじませ、人肌まで温めることが大切です。

 

スマホもきちんと防寒して、ベストなパフォーマンスを保ちましょう♪

気軽にお問い合わせ下さい

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。